アブノーマルなプレイを疑似体験

アブノーマルなプレイを疑似体験

私は普段のストレスを、サイトの男性達で発散しています。
少しMの気質の男性を大人の恋人にしているのです。
責められるのが好きな男性も多いので、サイトには素敵な男性が待ってます。

 

Mの男性はそうそう多くないので、サイトでじっくりとメッセージの交換で確かめます。
エッチする目的よりも責められたい大人の恋人もいるので、そういう男性と会っています。
この間の大人の恋人は、「オナニーしているところを見られたい」と言いました。
私は安堵か経験しているので、会う約束をして彼とホテルに行ったのです。

 

彼は真面目な会社員でしたが、彼もストレスがあるのでしょう。
彼は私の見ている前で勃起させたペニスをシゴいて、私に見せつけるようにオナニーをしています。
私は彼を疑似的に罵り、私も服を脱いで彼にアソコを見せました。
彼はその瞬間、思い切り射精をしてしまったのです。
でも、彼はMなので私の許しがなく射精をするのは良くないのです。
二度目の射精は私がフェラをしてイカせる事なく、ゆっくりと口の中で楽しみました。
彼は苦しんでいますが、まだまだイカせません。

 

私が騎上位で彼を責めると「もう、イッても良いですか?」と泣き出したくなるような声で懇願していました。
それでも私が許可しないので、大人の恋人の彼は苦しんで悶えているのです。
最後は私は口の中で発射する事を許可すると、彼は嬉しそうに「有難う御座います」と自分の手コキでイキます。
サイトにはこういう男性も少なからず存在するので、私は凄くアブノーマルに惹かれています。
【福島県 30代 女性 会社員】